女性 薄毛 原因

女性の薄毛・抜け毛の原因

女性に薄毛・抜け毛が多くなる原因は、大きく2つに分けられます。

以前は、40代以降の女性が主に薄毛や抜け毛で悩んでいましたが、現在では20代や30代などから幅広い年代の女性の悩みとして増えています。

・ホルモンバランスの崩れによるもの

女性は主に40代以降になってくると、ホルモンバランス乱れてきます。

それは、更年期と言われる時期(閉経の約前後10年間)にホルモンの分泌量が減ってくるために毛周期の乱れやヘアサイクルが短くなるため、髪全体の量が少なくなってくるためです。

そして、ヘアサイクルが短くなることで毛根は成長できずに、徐々に髪の毛が細くなってきて生えてこなくなったり脱毛につながってしまうと考えられています。

最近では若い年代の方たちでも、食生活・生活習慣の乱れや睡眠不足、喫煙、出産などや心と体のバランスを崩してしまったり、 ストレスなどからホルモンバランスが乱れて薄毛や抜け毛の原因となっていることが多くなっています。

・頭皮の悪化によるもの

加齢の場合は、新陳代謝が衰えてくるために頭皮が硬化して毛細血管が硬くなり、 血の巡りが悪くなり毛根まで栄養供給がうまくいかないことで頭皮の老化により毛が細くなったり抜け毛が増えたりします。

若い年代では、シャンプーのしすぎや間違ったヘアケアによるものや最近特に増えているものとしては、 パーマやカラーリングや化学成分により頭皮の状態を悪化させたり、炎症を招いてしまうことなどもあります。

また、頭皮にたまっってしまった「ふけ」や「汚れ」などが毛根をふさいでしまう場合は、髪の成長をさまたげてしまったり、 頭皮が汚れていると雑菌が繁殖してしまうので、薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。

page top